dream bed美ウールシリーズBW651 EWOOLボアボックスシーツPSサイズ初夏のインテリア楽しい家作り 美ウールシリーズBW651 EWOOLボアボックスシーツ PSサイズ 通信販売 ソファ お買い得 買い物

【dream bed】美!!ウールシリーズBW-651 EWOOLボアボックスシーツ PSサイズ 初夏のインテリア 楽しい家作り 美!!ウールシリーズBW-651 EWOOLボアボックスシーツ PSサイズ

また前のブログからの、、、

私には知りたい事が有って、、
WiFiルーターでの電波強度比較をしたいんです!NECのAtermとNETGEARとTP-LINKで!

NETGEARのAndroidアプリを使えば簡単に電波強度が見れます。

まぁ近い将来にでも、、比較したい!

その前に比較予定のWiFiルーターをご紹介をしていこうかなぁ!

TP-LINK Archer C7

約1万円前後で買える802.11ac対応のWiFiルーターではTP-LINK Archer C7が私の一押しです!

開封

梱包具合がシンプルでいい!

アンテナは外付けの方が私は好きです!

白いLANケーブル実測1.2mとACアダプターが付属しています。

TP-LINK Archer C7本体!

艶あり黒で、、これ私の仕事場で現在使ってますが、、

今は傷が目立っています。気にしない!気にしない?

金色部分がアンテナポート、LANが黄色で4ポート、WANが青で1ポートあります。

他、USB2.0が2ポートで御座います。ワイヤレスのON/OFFスイッチまであります。

アンテナ合体!アンテナドン~?

私的には傷は気にしてませんが、、購入した当時のピカピカさが、、懐かしい。

製品詳細は マニフレックス マニコスモ ダブル 側生地が取り外せて洗えます 軽量 高反発 3年長期保証 20周年記念モデル8cm厚でラグジュアリーな寝心地を実現したマニコスモは重ねても一枚でも使用OK。
楽しい家作り EWOOLボアボックスシーツ 贈り物 イタリア 美ウールシリーズBW651 お歳暮 お買い得 PSサイズ bed 初夏のインテリア dream

TP-LINK Archer C7をWiFiアクセスポイントに設定

有名メーカーのWiFiルーターはルーターモード、ブリッジモードの設定はスイッチ切り替えの簡単な操作で変更で出来ますが、TP-LINK Archer C7はチョイ面倒です。

ちなみにブリッジモードとは?

簡単にご説明しますとWiFiルーターを購入してWiFiのみ使いたい!またはWiFi+LANハブとして使いたい場合の設定です。

有線ルーターがすでに設置されていてWiFiを追加したい為にWiFiルーターを購入された場合で元の有線ルーターを使い、WiFiルーターを追加ならWiFiルーターをブリッジモードで使用します。

光回線の電話をご契約されている場合は元のルーターを外せない事が多いのではないでしょうか?

ちょいクセの有るArcher C7のブリッジモード設定方法です。

新着エントリー

物質は温度に対応した波長の光を出している

あらゆる物体はその表面温度に応じた電磁波を発しています。温度が無いものというのは存在しませんから「すべての物体は光っている」と言い換えてもあながち間違いとはいえません。肉眼では見ることが出来ませんが、人の体も体温に応じた赤外線領域の光を放っています。赤外線を捉えることのできるカメラを使うと人の体は真っ暗闇でも明るく光って見えます。防犯カメラに赤外線カメラが使われるのはこういう理由です。また、物体の表面温度と出している光の波長に関係があるということは、天体の出している波長が分かれば、遠方からでもその温度やエネルギーを測ることができるということも意味しています。

宇宙には数億度という超高熱現象から、絶対零度に近いような超低温の現象まで様々な現象がありますから、これらの現象を観測するためにはそれぞれの現象に適した波長の光で宇宙を見なければなりません。たとえば、電波は絶対零度に近いような非常に冷たい領域が、赤外線の領域では、他の天体の輻射熱や、物質同士の摩擦熱のような比較的穏やかな温度、せいぜい数百度までの「ほんのり暖かい」ぐらいの現象が観測できます。可視光から紫外線にかけては、もっと熱い、数千度という温度の現象が見えます。太陽や他の恒星などがこれに当てはまります。さらに波長が短いX線やγ線を放出するのは、星の爆発や、ブラックホールなど、数万度から数億度というきわめて温度の高い極限状態での現象です。

X線で何が見える?

X線を出しているのは超新星爆発やブラックホール、活動銀河核、銀河団といった巨大な重力や爆発エネルギーを伴う現象です。例えば、ブラックホールは光さえも外に出ることのできないほどの重力を持つ天体ですが、周囲の物質を引き込むときに強烈なX線を放射していることが分かっています。あるいは、活動銀河は非常に遠方にある銀河で電波からX線、ガンマ線に至る広い波長で極めて明るく輝いている銀河です。他にも、1秒の1000分の1という短い時間に X線の強さが大きく変化する天体や、銀河と銀河の何もない空間に数千度にもなる高温のガスが存在することなどが明らかになってきました。こうしたエネルギーの高い現象は、銀河や銀河団の形成に大きく関わっており、宇宙の進化を理解する上でも重要な天体です。

こうした現象は決して珍しいものではなく、今分かっているものだけでも数万個ものX線を出す天体が知られており、宇宙に存在する90%以上の物質はX線でしか観測できないともいわれています。また、同じ天体でもX線で観測すると、可視光線や電波では捉えることのできなかった現象が観測できることも少なくありません。X線による観測なくしては、宇宙を理解することはできないと言っても過言ではないでしょう。

カストールスツール17布地18ランクHUKLA/フクラメーカー取寄品初夏のインテリア楽しい家作り オットマンHUKLA/フクラ

[email protected]@!